パーソナルトレーニングジム・ダイエットフィットネス 比較ポータルサイト

炭水化物抜きのダイエットが流行になったりと、痩せる身体を手に入れるために、ある程度の食事制限は欠かせない要因の1つです。

一般的なパーソナルトレーニングジムでは、2ヶ月で成果を上げるプログラムを推進しており、その背景にも「フィジカルトレーニング」と「食事制限」の2本柱でメニューを構成しています。

しかしダイエットにおける食事制限に関して、『単純に糖質を含む食品を食べなければ痩せるのか?』

決してそういうことはありませんし、リバウンドはおろか危険の伴う行為でもあります。

『糖質 = 肥満』と想起されてしまいがちですが、正しい知識と実践を積まずに安易にダイエットに取り入れると、失敗どころか身体や生活にも支障をきたしてしまいます。

 

正しいノウハウを持つジムの糖質制限はムダがない

ダイエット成功例の写真やCMのようなモデルの身体を手に入れるために、完全に糖分を含む食品を断絶しなければいけないわけではありません。

糖質は生きていく上で必要不可欠な栄養素ですので、欠かすことのできないものですが、消費する量に対して摂取する量が上回ってしまうため、問題が生じてしまうのです。

栄養学などの裏付けを基に考案された食事指導のプログラムでは、代替できる食材のアドバイスを受けることもできますので、気持ちの面でも無理なく実践することができます。

『制限』と書くと苦しいイメージがどうしても付きまといますが、『コントロール』と捉える方が実際のニュアンスとしては近いです。

もちろん結婚式など、特定の期日までに痩せる必要がある方は、極限まで糖質をカットした方が短期間で痩せるのは間違いありません。

ただし、この方法は精神的にかなりキツいです。

決してラクではありませんが、リバウンド対策も考慮して長期的に痩せる身体を手に入れたい方は、身体と気持ちの面で極端な負荷をかけ過ぎないことも重要になります。

 

糖質がダメな理由は蓄積すること

糖質はとり過ぎると、肥満ばかりでなく、生活習慣病を患うリスクもあるものですが、人間が生きていく上でとても重要なエネルギー源の1つとなっています。

しかし、糖質は身体の中に蓄えておける量が限られており、血液や筋肉などに必要な量以上を摂取すると脂肪となって蓄積されてしまいます。

現代は高カロリーの食品が街中に溢れているため、この糖質の特性をよく理解していないために太る・生活習慣病に陥るといったケースがよく起こります。

身体を動かす上で糖質は取り入れるべきですし、逆にそこまでエネルギーの消費が無いのであれば、糖質の低い食品を食べるようにすれば良いのです。

糖質の低い食品とは、なにも「木の根っこ」のような食べ物ばかりではありません。笑

糖質制限の本当の重要性は選択する知恵をつけること

山奥でひっそりと修行する僧侶ならまだしも、仕事をしたり家事をこなしたりと、毎日の日常から極端に糖質をカットすることは、そうそう簡単なことではありません。

仕事の付き合いで飲み会に行くことも、女子会でスイーツを楽しむこともあるでしょう。

糖質制限とは、単に『これは食べて良い、これはダメ』とバッサリ線引きするだけのものではありません。

例えば鶏肉なら『むね肉よりもささみ』といったように、選ぶべき食材を正しく選ぶことが本来の糖質制限と言えます。

カレーも市販のルーを使用したものは糖質が高くなりますが、カレー粉とスパイスを混ぜて調理すれば、余分な糖質を最大限までカットするなどの工夫もできます。

 

極端な糖質制限は健康に悪影響

お米やお肉を絶対に食べてはいけないようなダイエットは、長続きしないばかりか、健康面を大きく損なう危険性も含んでいます。

そもそも身体のエネルギーとして活躍する糖質ですので、不足した状態が続くと、体力の低下や虚弱体質になりやすくなるなど実生活に影響が出てきます。

そして血液や筋肉ばかりでなく、脳にとっても大切なエネルギー源なので、極端に糖質をカットすると、最悪の場合は意識に影響を及ぼすこともあります。

また、『食べたい』という衝動をずっと頭の中に抱えていては、集中力の低下だけでなくストレスによってリバウンドを引き起こす原因にもなります。

ダイエットはフィジカル(肉体)面だけではなく、メンタル(精神)面のケアも同時行っていかなければ成功することはありません。

 

『食べちゃダメ!』と言われると余計に苦しくなるんだよね…。

食べちゃダメな訳じゃないんだよ。間違った食べ方がダメなんだ。
糖質を制限するよりも、『糖質の低い食材を食べる習慣』を付けることが、一番のリバウンド対策にもなるんだよ。

 

糖質の多い食品

  • ご飯
  • パン
  • 麺類
  • いも
  • 砂糖
  • 果物

日常的によく口にする食品ばかりですので、これらの一切を排除することはあまり現実的ではありませんし、正しい知識と摂取方法を学べば食べることもできるものです。

例えばデンプン食品であるお米は、レジスタントスターチ(難消化性デンプン)というデンプン質を含んでおり、血糖値上昇の抑制したり、血中の脂肪分を低下させる効果もあります。

さらに、お米は炊きたてよりも一度冷ましたものの方が、より多くのレジスタントスターチが生成されるといった特性もあります。

この一度冷めたご飯に含まれるデンプンは、お腹の中に留まる時間が長くなるため、空腹感に悩まされる問題も解消できるなど、気持ちの面でも継続しやすいノウハウと言えますね。

このように単純に糖質を制限した食生活が、ダイエットにおいて必ずしも正しい取り組みとは言えないことが分かると思います。

 

我流でダイエットを進めてしまうと、必要以上に食べるものを制限してしまい身体に余計な負担をかけ、さらにストレスも溜まって結果的にリバウンドしてしまうといった悪循環に陥りがちです。

医師や管理栄養士などのプロが監修した、手厚い食事指導のケアを行っているジムを選ぶことが、ダイエット成功の鍵の1つと言えるでしょう。

 

糖質制限が充実しているパーソナルトレーニングジム

  1. エクスリム
  2. シェイプス(女性専用)
  3. チャチャリート
  4. リアルフィット
  5. クレビック(女性専用)

2017 copyrights パーソナルトレーニングジム 比較ポータルサイト|ジムド ALL Rights Reserved.