パーソナルトレーニングジム・ダイエットフィットネス 比較ポータルサイト

モデルや芸能人でも多くの利用者がいることから、東京を中心に急速に人気を集めているパーソナルトレーニングジムについて、興味を持つ方が増えています。

身体の衰えや肉体改善のために利用する方も多いですが、ダイエットを含めた理想的なプロポーションを作ることを目的としたユーザーに特に人気があります。

着飾った服装や化粧ではなく、内面からくる本当の美しさに価値を感じる人が男女問わず増えているからでしょう。

この記事ではパーソナルトレーニングについてを詳しくご紹介します。

 

パーソナルトレーニングとは?

パーソナルトレーニングとは、専属の個人トレーナー(パーソナルトレーナー)からマンツーマン指導を受け、引き締まった身体づくりを行うと同時に、食事に関する正しいコントロール方法を学ぶことです。

ウェイトトレーニングをはじめとする筋トレと、食事制限を行い、短期間でダイエット・ボディメイク・体質改善を目的とした近年流行のトレーニングスタイルです。

■パーソナルトレーナー
運動競技選手だけでなく、健康増進や体力作りを目的とした人、怪我や疾病に対するリハビリテーションを目的とした人などを対象に、目的に応じた筋力トレーニングやコンディショニングプログラムを計画・実行していくための指導と補助を行います。

パーソナルトレーナー|厚生労働省 e-ヘルスネット

 

一般的なフィットネスクラブやスポーツジムでもトレーナーが付くことはありますが、専属ではありませんし、複数の利用者を同時に担当しています。

ですから、個々の利用者の身体の状況や、目標とするゴールまでを正確には把握しきれていません。

また、筋肉・スタミナ増強などに対するアドバイスはあっても、食事のケアまで対応していないケースも多くあります。

つまり、あくまでダイエットや体質改善にこだわるユーザーとは、ゴール設定にズレがあります。

 

反対にパーソナルトレーニングジムは、専門のパーソナルトレーナーから自身の体質の特性や生活パターンにもっとも適した運動メニューと、正しい食事法の指導を直接受けることができます。

ポイントとなるのは、マンツーマン体制であるということですね。

これは言い換えると、無駄なく最短コースで自分の理想の体型を手にすることにつながります。

ただし、パーソナルジムは的確に痩せるプログラムを提供していますが、マンツーマン指導であるため、一般のスポーツジムと比較すると料金は高くなります。

 

スポーツジムやフィットネスクラブと違う点

スポーツジムやフィットネスクラブといった、いわゆる一般的なジムにはさまざまな目的を持った人が集まります。

ウェイトリフティングをするために通う人もいれば、野球など何らかのスポーツをしていて筋力や体力を付けることが目的の人もいます。

また、ダンスを踊りに来る人もいれば、最近ではヨガやピラティスを習いに来ている人もいます。

フィットネスクラブのスイミングコースでの惨事

ちなみに私は以前、スイミングで「全身の筋肉をまんべんなく鍛えたい」という目的から、フィットネスクラブに通ったことがありました。

しかし、そこは自分がイメージしていた所とは大きく違いました。

土日は利用客も多く混み合うだろうということもあり、平日の午前中を狙って泳ぎに出かけていたのです。

そして、プールにいた他の利用者は、大半が年配の方々でした。

健康のためのウォーキングは膝に負担がかかることから、年配の方の中には水中ウォーキングを実践する方も少なくありません。

私が通っていたフィットネスクラブのプールも、おそらく同じ目的の方々だったと思うのですが、60代くらいの方から、もっと上のお年の老人もいます。

えっちら歩いている方もいれば、水に浸かって壁にもたれているだけの方もいます。

平日の午前ということもあり、アラサーの私の他には近しい年齢の人はおらず、少し目立っているのが嫌だったので、ひたすら泳ぐことにしました。

1本のコースを何度も往復して泳いでいたのですが、ふと見ると水中に何やらフワフワした浮遊物が漂っていたのです。

そして、その浮遊物が流れてくる方向を見ると、さっきからずっとプールの中の壁にもたれているだけの、おそらく80歳くらいのおじいちゃんが。。

その後、私はすぐにプールからあがり、念入りにシャワーを浴びたことは言うまでもありません。

 

方向が少しそれて(汚くなって)しまいましたので、話を元に戻しましょう。

パーソナルトレーニングジムについて。

 

パーソナルトレーニングジムの特徴

パーソナルトレーニングジムが、一般的なスポーツジムと違う最大の特徴は、利用者の目的です。

パーソナルトレーニングジムに通う人の目的は大きく2つです。

  1. ダイエットしてスリムな身体を手に入れたい
  2. 衰えた筋肉をリカバリーして身体を引き締めたい

目的は一見同じようですが、微妙に違っていますよね。

しかし、これらに共通して必要なものは当たり前ですが、トレーニング×食事管理です。

マンツーマン指導でピンポイントのトレーニングができる

「たるんだ身体にため息が出てしまう。。」

何とかしなければいけないことは分かっているけど、「長年の習慣から抜け出せない」「運動が嫌い」「そもそもやり方が分からない」といった理由から先延ばしになったままではないでしょうか?

パーソナルトレーニングのメリットは、これらの悩みにダイレクトに対応できることです。

【画像引用】ライザップ公式サイトより

 

食事に対する正しい知識を身に付けられる

そして、身体を鍛えることに加えて、毎日食べる食事についてもフォーカスしていきます。

ダイエットのためには、糖質をカットすることは誰もが知っていることですが、最低限の筋肉をつけなくては身体を引き締めるための筋肉が育たないだけでなく、脂肪も燃焼しにくくなります。

炭水化物ダイエットが一時もてはやされましたが、混同して「お肉→太る→食べない」と勘違いしている方も多いようです。

もちろん、食べ過ぎは逆効果ですが、1日の食事量や運動量を見ながら、これらをコントロールする知識も重要です。

信頼できるジムのパーソナルトレーナーは、こういった管理栄養士としての知識も持ち合わせていることも、一般のスポーツジムのトレーナーと違う点です。

匿名性を保つことができる

たとえば自分の身体に対してコンプレックスを持っていて、「他の人、特に異性には見られたくない」といった場合でも、匿名性をもって利用できるのもパーソナルジムの人気の1つとなっています。

今までジム通いに興味はあったけど諦めていたという方は特におすすめですね。

トレーナーはそういった利用者の気持ちを十分に理解しています。
また、女性の方であれば、女性専用パーソナルジムを選ぶという選択肢もあります。

> 女性専用のパーソナルジム

また、エリアは限定されますが出張にも対応しているジムや、アプリを使ってオンラインでトレーニングを受講できるプログラムもあります。

> 出張・自宅トレーニング対応のパーソナルジム

 

それぞれ自分の目的や条件によって、最適なパーソナルトレーニングジムを見つけましょう。

なお、最近は流行であることに便乗して、「パーソナルトレーニング」と名前を掲げて質の低いサービスを提供しているジムも増えているようです。

決して安い金額ではないので、ジム選びは慎重におこなってください。

2017 copyrights パーソナルトレーニングジム 比較ポータルサイト|ジムド ALL Rights Reserved.